リアル本屋さんの良さに触れた話

私は普段、本を買うのはほとんど Amazon で、しかも極力 kindle 版を探して買っていますが、たまにリアル本屋さんにお世話になることはあります。今回は暮れも押しせまった時期に、リアル本屋さんに来て良かったと思った経験を、1 日のうちに 2 回もしたので、ここに書いておきたいと思います。

1 つ目は、ある目的で本を物色中にたまたま全く予定外の本に出会ってしまった事ですが、まあこれはよくある話ですし、いろいろな人が言及しているのでここでは省略します。



2 つ目は、目当ての本が在庫になかったときの書店での対応です。最初に行った某有名書店に在庫がなく、他の店舗の在庫も調べてもらったのですがやはり在庫切れ。
どうしても今日中に欲しかったので、店を出て近隣(というか沿線)の大手書店数件に電話して調べてもらいました。

某 A 書店では本店と藤沢店に 1 冊ずつあるという状況。藤沢まで行くならこの際渋谷まで出るか、と思ったものの渋谷の書店は知らなかったので、下記サイトにたどり着き、上から順に電話しました。

folk – 渋谷の大きい本屋6選
https://folk-media.com/16001

結局「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」だけが 1 冊在庫していたのですが、電話に出た担当の方曰く、「表紙の端の方がちょっとヨレてますが、それでもよろしいですか?」との事。贈り物として買う予定だった本なので、この一言に躊躇して一旦電話を切り、某 A 書店の藤沢店に舵を切ります。
一応念のため藤沢店に電話して在庫を確認したところ、こちらでも表紙が若干痛んでいるとの事。電話での話なので、どちらの状況がマシなのか正直分かりませんが、藤沢店の方曰く「初版が 6 年くらい前なので、入荷以来時間が経つうちにこのようになったのだと思いますが」というような話を聞いて、店員さんが程度の悪さを伝えたい気持ちが何となく分かり、結局渋谷に行こうと決めました。
あらためて渋谷に電話して取り置きをお願いし、年末のため早まっている閉店時刻間際に東急百貨店本店 7 階に上がって現物を拝見したところ、自分自身の基準では何ら問題ないレベルでした。もちろん新品を取り寄せてもらったら、もっときれいな本が届くでしょうが、本棚で在庫されている本なら、このくらい痛みのうちに入らないのではないかと思われました。
この程度のことでもネガティブな情報として伝えてくれた書店員さんは、やはり本が好きな方で、普段から本を大事に扱っておられるのだろうと思いました(もちろん商品だからという意味ではなく)。

今となっては藤沢店にあった本の状態がどの程度だったのかは分かりませんが、もしかした同じくらい些細なものだったかも知れません。いずれにしても、渋谷の書店員さんも藤沢の書店員さんも、本を買う人のことを考えてとても親切な対応をしてくださいました。きっと本のことが好きだし、本を読む人のことも好きだからこそ、あのような対応になったのだろうと思います。

普段 Amazon ばかり利用していて身勝手な言い方かもしれませんが、こういう親切な対応をしてくださる書店員さんは貴重だと思いますし、リアル書店にはリアル書店の良さがあることを、あらためて感じました。自分としてはうまく両方利用していきたいと思います。