調子に乗って 2nd メガネに手を出した話

乱視鏡を新調するつもりが結果的に老眼鏡になったという、メイドメガネ屋デビューから、もう半年たった。こんな経緯で、PC などでの仕事で使うことをメインに考えた中近両用メガネを購入以来、目の疲れと肩コリが格段に減って、なかなか快適なメガネ生活を送っていたが、快適さに慣れると欲が出てくるというもの。



中近両用メガネは PC などでの利用を中心に考えられたレンズなので、1m 以上離れたところには焦点が合いにくい。実はレンズの最上部 5mm くらいは乱視矯正だけになっているので、この辺を使うように上目遣いで見れば、遠くがクッキリ見えるんだが、ちょっと疲れるので長時間は続けられない。

日常生活では裸眼でも何ら不自由しないが、仕事でセミナーとか研究会に行くと、遠くのスクリーンに文字がビッチリ詰まったスライドが投影される時がたまにある。あれは乱視持ちには辛い(だから自分はそういうスライドは絶対に作らない)。

PC のモニターや書類を見るのが楽になると、あの遠くのスクリーンもクッキリ見たくなる。何となくそんなことを思いながら、たまたま四月中旬に秋葉原に行く用事があったので、久しぶりに例のメイドメガネ屋に寄って、そんな話をしたところ、ちょうど今キャンペーン中で、四月中にメガネを作ったらレンズが一万円引きだという。

これを縁と言わずに何と言おうか。

一応「ちょっと考えてみます」と言って一旦帰ったものの、「一万円引き」と聞いた時点でほとんどハラは決まっている。翌週再訪して遠近両用を購入した。

前回お世話になったメイドさんが取り込み中だったので、別のメイドさんが見立ててくれたが、これがまた客の好みやメガネを使うシチュエーションを踏まえて、突飛すぎず適度に遊びが入ったフレームを見立ててくれる。メイドさんから最初にこのフレームを提案されたとき、第一印象は正直あまり良くなくて、「何か他にいいのないですかねー」とか言ってたが、いろいろ試したあげく、結局最初に勧められたものが一番気に入ってしまった。やっぱ流石わかってるなぁ。

全て納得済みで注文し、一週間後に完成・受け取り。

受け取った当日に二子玉川のレイトショーで「T2 トレインスポッティング」を見に行って、さっそく乱視鏡の威力を確認 (^_^) 。快適な眼鏡で最高に面白い映画を満喫した。

そのうち車の運転でも試してみたいし、写真を撮る時にどっちの眼鏡のほうがフォーカス合わせやすいか、などいろいろ試してみたい。


旧交を温めることの意味

昨晩は、以前に勤めていた会社で限定的ながら一緒に仕事をした人と、十年ぶりくらいに会って食事をした。会っていない間は全く連絡をとっておらず、どこで何をしていたのかも知らず、唐突に再会したにも関わらず、思いがけず深い話になったりして、ちょっと不思議な会だった。
店の雰囲気がそうさせたかも知れないし、料理やワインの選択が良かったからかも知れない。もっとも、昨日までお互いに全く関係のない世界にいたから、何のしがらみもなく話せたということも、背景としてあったとは思う。
今になって振り返ってみたら、かつて同じ会社に勤めていた頃は、こんなに深い話をするような間柄ではなかった。しかし会っている間はそんなことも忘れていて、いい酒を飲みながら終電まで話した。終電がなかったらいつまで話してただろうか。
お互い、会っていない間にいろいろな経験をして、物事の考え方とか価値観とか、いろいろ変わったのではないかと思う。それでも芯のところは全然変わってなかった。そんなことをお互いに確認していた。
普段顔を合わせている人たちとはちょっと違った視点から、自分のいいところも、そうでないところも、いろいろ気づかせてくれた。そんなこともストレートに話してくれたことが嬉しかった。
久しぶりに会って話せて本当に良かった。


ちょっと変わった眼鏡屋で乱視鏡を新調

結果的には半分老眼鏡になったんだが。
とても面白い体験だったので、若干長文になります。



きっかけ

数年前に初めて乱視鏡を作ったときは、活字がクッキリ見えることに感動し、目が疲れにくくなったことが嬉しくて、職場や自宅で喜んで使っていたが、どうもフレームが視界に入るのが気になるようになって、だんだん使わなくなってしまった(乱視鏡はレンズの縁が薄くなるので、だいたいフルフレームにせざるを得ず、特に下側のリムが気になる)。

もともと視力は良いので、ずっと裸眼生活が続いていたが、とある眼鏡屋の評判を知人から聞いて、あらためて乱視鏡を作ってみようかと思い立った。

それはなんと、メイドが眼鏡を見立ててくれる眼鏡屋。

Candy Fruit Optical

最初に話を聞いたときは、メイド業界もいろいろ考えるなぁ、随分マニアックな方向に攻めてきたなぁ、などと思ったが、その知人曰く、メイド云々よりも普通に眼鏡屋として満足度が高かった、というような事を言っていたと思う。

信頼できる筋からの情報を得たので、諸々の予定の合間を縫って、秋葉原へ。

 

店でまずフレーム選びから

店に入ると程なくして担当のメイドさんが付いてくれたので、こちらの状況として、

  • もともと視力がいいので、そもそも眼鏡に慣れてない。
  • 主に仕事などで使うが、お客様に会うときなどは使わないので、あまり見た目にはこだわらない。
  • 前の眼鏡はフレームが視界に入るのが気になって、使わなくなってしまった。だからなるべく視界の広いフレームがいい。

という事を伝えたら、早速いくつか、比較的縦方向に広いフルフレームのものを選んで出してくれた。それぞれ少しずつ構造が違うもので、特徴とか良さを要領よく説明してくれて、とても分かりやすかった。メイドさんの商品知識が豊富なのがよく分かった。

最終的に候補に残ったのは、最も細くてフィット感が良く、ある意味で眼鏡の存在感が最も薄いもの。メイドさんは眼鏡に不慣れな私に「ぜひ眼鏡を好きになっていただきたい!」という見立て方針で、選び方やオススメのしかたがこの方針からブレないので、とても納得できた。

 

レンズ選び

フレームが決まったら二階に上がって、機械を使って度数などの測定。測定機の操作までメイドさんがやるとは思わなかった。しかも手慣れているし、数値の意味の説明まで全部やってくれた。これは凄いわ。

測定結果をもとにトライアルレンズを使って組み合わせを調整するところから、ベテランのオプティカルマイスターの出番。一階でフレームを選んでる時から、要所要所でアシストしてくれていたので、既にだいたいの状況は把握済みで話が早い (^_^) 。測定結果から老眼が入っていることが分かったので、いくつかの選択肢の中から、手元の小さい文字のクッキリさと、パソコンの画面くらいの距離のスッキリさを両立できる組み合わせを選んだ。この段階でも、今後老眼が進んだ時の事とか、楽団で演奏する時の状況など、いくつか気になる事があったが、ベテランのアドバイスでほぼ解決。

またレンズも年落ちのもの(スキー板の昨シーズンモデルみたいなもので、性能はほとんど変わらない)で安くおさえてくれて、全て納得して注文となった。

注文の書類に記入する時に、まだトライアルレンズが入った眼鏡がテーブルの上に残っていたので、折角だからと使ってみた。超見やすい!自分が書いた文字のインクのムラまでクッキリ見える。いよいよ完成が待ち遠しくなった。

trial

 

ポイントカード

手続きが済んだらポイントカードを3種類ももらった。「ご来店ポイント」と「お買物ポイント」は、まあどこでもありがちなポイントカードだが、3枚目の「9th Card」というのは、今回買った「999.9」というブランドの眼鏡を買ったら1ポイントという、かなり敷居の高いカード (^_^; 。メイドさんも「これは絶対貯まらないと思います」と言い切っていた。つまり実質ほとんど意味のないカードなんだが、この店で当初扱わせてもらえなかった「999.9」の眼鏡を扱えるようになった時に、念願が叶った嬉しさのあまり作ってしまったカードだそうだ。こういう、むやみに気持ちが先行しすぎて意味のなさそうな事をやってしまうノリって、実は意外と好き。

9th_omote 9th_ura

 

ここならではのサービス

注文することが決まったら、メイドさんとツーショットでチェキ撮ってくれる(嫌ならやらなくてもいい)。せっかくなのでもちろんお願いした(掲載は自粛)。

また、注文内容が決まってから手続きしている間に紅茶をいれてくれた。ある意味、この場面が最もメイドっぽかった。

 

受け取り

日曜の夜に注文して、翌水曜日に出来上がりの連絡があり、金曜日の夜に受け取りに行った。早速かけてみてフレームを微調整した後、使い方の説明を受けた。自分の眼鏡の場合、だいたいレンズの中央付近でノートパソコンのモニターに、レンズの上の方では遠くに、下の方では手元の本や書類などにピントが合う。つまり見るものの距離に応じて顔の角度をほんの少し変える。これはしばらく使って慣れれば、意識しなくてもできるようになると思う。

 

使用感など

早速店の近くのカフェで、眼鏡をかけてノートパソコンを使って一仕事してみた(ちょうど残件があったし)。超快適 (^_^) 。

glasses

見るものの距離とレンズの角度が合ってないと、少しボケて見えるが、もともと視力はいいので、顔の角度を少し変えると必ずどこかで完璧にピントが合い、劇的にクッキリ見える。

顔の角度を調節してピントを合わせる動作が、マニュアルフォーカスのカメラで写真を撮るときの感覚に似てて楽しい (^_^) 。裸眼ではこういう経験はできない。なんか面白くて、帰りの電車ではずっと眼鏡をかけてた。

いい眼鏡に出会えてよかったと思う。これからは徐々に老眼が進んでいくと思うので、ある程度の間隔で調整を繰り返していくことになると思うが、これからは、うまく眼鏡と付き合っていきたい。


同窓会

先週の土曜日は小学校四年生のときのメンバー 9 人で、当時の担任の先生のお宅にお邪魔した。



この顔ぶれが揃ったのは 37 年ぶり(一部のメンバーは成人式の年に一度集まっているので 27 年ぶり)。一般的に同窓会というのは卒業した年のクラスで集まることが多いのではないかと思うが、そこをあえて四年生のときのクラスで集まることになったのは、担任の先生のおかげ。
お互い歳を重ねて、人生経験も重ねて、いろいろ変わったけど、待ち合わせ場所となった橋本駅の改札で会ったらお互いひと目で分かった。変わったけど変わってない、不思議な感覚。
先生のお宅に着いたら近況やら昔話やらが延々と続いて、気がついたら6時間くらい経っていた。何とも言えない貴重な時間を過ごした。
翌日早くに予定があるという2人と橋本で別れたあと、町田の塚田農場で二次会。席が空くのを待っている間に、小学校の同窓会だったという話を店員さんと少々したのだが、その店員さんが気を利かせてくれて、最後に一口デザートを用意してくれた。

img_2731

ちょっとした会話のなかから学校名や「37 年ぶり」ということをしっかり聞き取って、我々が飲んでる間に校章を Web で調べて書いておいてくれた。これは感動モノ (^^) 。もう塚田農場大好き (^^) 。