調子に乗って 2nd メガネに手を出した話

乱視鏡を新調するつもりが結果的に老眼鏡になったという、メイドメガネ屋デビューから、もう半年たった。こんな経緯で、PC などでの仕事で使うことをメインに考えた中近両用メガネを購入以来、目の疲れと肩コリが格段に減って、なかなか快適なメガネ生活を送っていたが、快適さに慣れると欲が出てくるというもの。

中近両用メガネは PC などでの利用を中心に考えられたレンズなので、1m 以上離れたところには焦点が合いにくい。実はレンズの最上部 5mm くらいは乱視矯正だけになっているので、この辺を使うように上目遣いで見れば、遠くがクッキリ見えるんだが、ちょっと疲れるので長時間は続けられない。

日常生活では裸眼でも何ら不自由しないが、仕事でセミナーとか研究会に行くと、遠くのスクリーンに文字がビッチリ詰まったスライドが投影される時がたまにある。あれは乱視持ちには辛い(だから自分はそういうスライドは絶対に作らない)。

PC のモニターや書類を見るのが楽になると、あの遠くのスクリーンもクッキリ見たくなる。何となくそんなことを思いながら、たまたま四月中旬に秋葉原に行く用事があったので、久しぶりに例のメイドメガネ屋に寄って、そんな話をしたところ、ちょうど今キャンペーン中で、四月中にメガネを作ったらレンズが一万円引きだという。

これを縁と言わずに何と言おうか。

一応「ちょっと考えてみます」と言って一旦帰ったものの、「一万円引き」と聞いた時点でほとんどハラは決まっている。翌週再訪して遠近両用を購入した。

前回お世話になったメイドさんが取り込み中だったので、別のメイドさんが見立ててくれたが、これがまた客の好みやメガネを使うシチュエーションを踏まえて、突飛すぎず適度に遊びが入ったフレームを見立ててくれる。メイドさんから最初にこのフレームを提案されたとき、第一印象は正直あまり良くなくて、「何か他にいいのないですかねー」とか言ってたが、いろいろ試したあげく、結局最初に勧められたものが一番気に入ってしまった。やっぱ流石わかってるなぁ。

全て納得済みで注文し、一週間後に完成・受け取り。

受け取った当日に二子玉川のレイトショーで「T2 トレインスポッティング」を見に行って、さっそく乱視鏡の威力を確認 (^_^) 。快適な眼鏡で最高に面白い映画を満喫した。

そのうち車の運転でも試してみたいし、写真を撮る時にどっちの眼鏡のほうがフォーカス合わせやすいか、などいろいろ試してみたい。

2017 年 5 月 12 日現在のエディタ環境

結局テキストエディタがどうなったかというと、

  • Mac OSX: CotEditor に戻った
  • Linux (Ubuntu): medit
  • Windows 10:サクラエディタ

こうなった最大の理由は、Atom の重さがだんだん気になるようになってきたから。

Mac ではそうでもなかったのだが、Linux はそもそも Mac の使い古しだからもともと厳しいし、Windows も(こちらはさほど古いマシンでもないはずなんだが)意外と重くて、日本語入力がイチイチ引っかかる(キーストロークから文字の表示までに微妙な間が空く)のが、だんだん酷くなってくるような気がした。

一方で LaTeX の方は BibTeX のコンパイルまで latexmk で一発でできるようになったので、エディタを含めて統合的な環境を用意する必要が無くなった。それなら OS ごとに最も軽くて使いやすいエディタを使えば良いわけで、Mac はすんなりもともと使っていた CotEditor。Linux は 3 種類くらい試して medit が機能的にも必要十分で使いやすいように思えた。

再び難儀したのが Windows でのエディタ選び。Web で調べて人気のありそうなやつをいくつか試してみたが、Sublime Text はエディタと日本語入力との間でフォントサイズが合わなかったのが致命的で使用を断念(原因不明)、Notepad++ は日本語テキストのワードラップがおかしい問題がどうしても解決できず、結局国産のサクラエディタに落ち着いた。インターフェイスといい見た目といい、昔の Windows のフリーウェアっぽい雰囲気がプンプンしていて印象が悪かった(というか、なかなか使おうという気にならなかった)が、割り切って使い始めたら、軽くスムースに使えるし、機能も自分にとっては必要十分だし、仕事用と割り切って使うには合理的かなという感じがしている。できれば別ウィンドウを開く機能があれば文句ないんだが。