読書メモ『スター・ウォーズ論』(河原一久)

(この本は 2015 年 11 月、つまり『フォースの覚醒』公開前の時点で発行された本なので、この記事やこの本を読んでも『最後のジェダイ』に関するネタバレの心配はありません。)

「はじめに」で筆者が述べているように、この本は「スター・ウォーズはなぜ面白いのか?」を 30 年近く自問自答してきた筆者が、様々な観点からスター・ウォーズについて考察した本です。



私自身、スター・ウォーズに関しては(一般人の中では)かなり詳しい方だと思っていますが、そんな私でも知らない情報が山ほど詰め込まれています(例えばエピソード IV のデス・スター攻撃シーンの元ネタになった映画があったことなど)。しかも、ただ薀蓄が詰まっているだけでなく、筆者の論考を支える根拠として整然と並べられています。
例えば、巷では「スター・ウォーズが日本の文化の影響を多く受けている」と言われているようですが、その多くが誤解であることも具体的に指摘されています(黒澤明の映画の影響を受けたのは本当)。また、ペルーのケチュア語、南アフリカのズールー語、タンザニアのハヤ族が使うハヤ語、カルムイク共和国(ってどこ?)のカルムイク語、フィリピンのタガログ語などが、スター・ウォーズに登場する様々なエイリアンが話す言語のモデルとして列挙されています。こんなのどこで調べたんだよ、と思います。
もうこれは立派な論文です。

また、この本が書かれたタイミングも良かったのだろうと思います。ルーカスフィルムがディズニーに買収された後で、かつ『フォースの覚醒』公開前というのは、スター・ウォーズに関する話題や情報が多く、かつ出版社に本の企画を売り込みやすい時期だったのかも知れません。

これはスター・ウォーズのファン(もしくはマニア)なら必ず読んでおくべき本だと思います。
むしろ私自身がこの本の存在を先日まで知らなかったことが不覚でした。


読書メモ『しあわせになるための「福島差別」論』(池田香代子、他)

開沼博、早野龍五という 2 人の名前を見ただけで即買い (^_^) 。
今年の 1 月 5 日に発行されたばかりの本で、Amazon でも表紙の絵がまだ掲載されていないという状況ですが、今日届きました。

『しあわせになるための「福島差別」論』
著者:池田香代子、清水修二、開沼博、野口邦和、児玉一八、松本春野、安齋育郎、小波秀雄、一ノ瀬正樹、早野龍五、大森真、番場さち子、越智小枝、前田正治
かもがわ出版、2018 年



(まだほとんど内容を読んでいないので、本記事は読み進むごとに更新される予定です。)

「はじめに」の中で清水修二氏は、この本のテーマは「原発事故がもたらした差別と分断 – それを乗り越えるにはどうしたらいいか」であると言及しており、そのために必要だと清水氏が考えているアプローチが、次のように表紙に書かれています。

1、それぞれの判断と選択をお互いに尊重する。
2、科学的な議論の土俵を共有する。

また「はじめに」の最後に「付記」として次のような記述があります。

なお念のために付言しますが、原子力発電の是非に関しては執筆者によって考え方はいろいろで、その点での一致をこの本では前提にしておりません。はっきり見解を表明している記述があるとしても、それは全体を代表するものではありません。

難しい課題になればなるほど、様々な考えや立場の人々がお互いを尊重しながら議論できる関係が重要になるはずで、今後は原発に限らず様々な問題に関して、そのような議論が必要な場面が発生してくると思います。表紙に

めざすのは、福島の人たちの「しあわせ」

という記述がありますが、前述のような議論ができるようになることが、福島に限らず(自分も含めて)多くの人々のしあわせに繋がるはずです。ですからこの本を通して、困難な課題を議論するためのアプローチや考え方、姿勢、作法を学ぶつもりで読もうと思います。

《構成》
第 1 章: 福島原発事故はどんな被害をもたらしたか(清水修二)
第 2 章: 善意と偏見 – 不幸な対立を乗り越えるために(安齋育郎、池田香代子、松本春野、児玉一八)
第 3 章: 7 年たって考える放射能・放射線(早野龍五、野口邦和、児玉一八)
第 4 章: 被爆による健康被害はあるのかないのか(清水修二、児玉一八)
第 5 章: 事故現場のいまとこれから(開沼博)


リアル本屋さんの良さに触れた話

私は普段、本を買うのはほとんど Amazon で、しかも極力 kindle 版を探して買っていますが、たまにリアル本屋さんにお世話になることはあります。今回は暮れも押しせまった時期に、リアル本屋さんに来て良かったと思った経験を、1 日のうちに 2 回もしたので、ここに書いておきたいと思います。

1 つ目は、ある目的で本を物色中にたまたま全く予定外の本に出会ってしまった事ですが、まあこれはよくある話ですし、いろいろな人が言及しているのでここでは省略します。



2 つ目は、目当ての本が在庫になかったときの書店での対応です。最初に行った某有名書店に在庫がなく、他の店舗の在庫も調べてもらったのですがやはり在庫切れ。
どうしても今日中に欲しかったので、店を出て近隣(というか沿線)の大手書店数件に電話して調べてもらいました。

某 A 書店では本店と藤沢店に 1 冊ずつあるという状況。藤沢まで行くならこの際渋谷まで出るか、と思ったものの渋谷の書店は知らなかったので、下記サイトにたどり着き、上から順に電話しました。

folk – 渋谷の大きい本屋6選
https://folk-media.com/16001

結局「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」だけが 1 冊在庫していたのですが、電話に出た担当の方曰く、「表紙の端の方がちょっとヨレてますが、それでもよろしいですか?」との事。贈り物として買う予定だった本なので、この一言に躊躇して一旦電話を切り、某 A 書店の藤沢店に舵を切ります。
一応念のため藤沢店に電話して在庫を確認したところ、こちらでも表紙が若干痛んでいるとの事。電話での話なので、どちらの状況がマシなのか正直分かりませんが、藤沢店の方曰く「初版が 6 年くらい前なので、入荷以来時間が経つうちにこのようになったのだと思いますが」というような話を聞いて、店員さんが程度の悪さを伝えたい気持ちが何となく分かり、結局渋谷に行こうと決めました。
あらためて渋谷に電話して取り置きをお願いし、年末のため早まっている閉店時刻間際に東急百貨店本店 7 階に上がって現物を拝見したところ、自分自身の基準では何ら問題ないレベルでした。もちろん新品を取り寄せてもらったら、もっときれいな本が届くでしょうが、本棚で在庫されている本なら、このくらい痛みのうちに入らないのではないかと思われました。
この程度のことでもネガティブな情報として伝えてくれた書店員さんは、やはり本が好きな方で、普段から本を大事に扱っておられるのだろうと思いました(もちろん商品だからという意味ではなく)。

今となっては藤沢店にあった本の状態がどの程度だったのかは分かりませんが、もしかした同じくらい些細なものだったかも知れません。いずれにしても、渋谷の書店員さんも藤沢の書店員さんも、本を買う人のことを考えてとても親切な対応をしてくださいました。きっと本のことが好きだし、本を読む人のことも好きだからこそ、あのような対応になったのだろうと思います。

普段 Amazon ばかり利用していて身勝手な言い方かもしれませんが、こういう親切な対応をしてくださる書店員さんは貴重だと思いますし、リアル書店にはリアル書店の良さがあることを、あらためて感じました。自分としてはうまく両方利用していきたいと思います。


私の Star Wars の観かた(ネタバレなし)

Star Wars – The Last Jedi (最後のジェダイ)観てきました。

内容に関する話は置いといて、どういう観かたをしたかだけ書いておきます。

まず最初は予備知識ゼロで観ました。巷にはいろいろ情報が溢れているので遮断するのも大変ですが、とにかく Star Wars に関する情報をできるだけ避け続け、12/29(金)のレイトショーでようやく観ることができました。

次に「町山智浩の映画ムダ話 vol. 69『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』」を購入。これは映画評論家の町山智浩さんが好き勝手に 1 時間くらい映画について一人で語っている音声の MP3 ファイルを、わざわざお金を払ってダウンロードするという代物ですが、面白いんですよコレが。

https://tomomachi.stores.jp/items/5a35e0c8f22a5b7ab90012be

そして 1/1(月)に劇場でもう一回観ました。町山さんの解説や周辺知識(ウンチク)を聴いた後にあらためて観ると、「ああなるほどそういう事だったのか!」というシーンがとても多くて、2 回目なのにとても新鮮な思いで観ることができます。


これは前回の The Force Awakens の時にたまたま見つけたパターンです。もともと私は映画を見るときにはできるだけ事前情報ゼロで観たい派なので、The Force Awakens の時も当然そうしたのですが、1 回観た後で町山さんの「映画ムダ話」の存在を知ったので、とりあえずダウンロードしてみた訳です(安いし)。そして、聴いた後に再び劇場に観に行ったら面白さ倍増だったという経験をしたので、今回も同じパターンを踏襲してみた次第です。もちろん今回も面白さ倍増でした。

一回観ればいいや、という人は別ですが、劇場で見られる間に何回か観たいという人には、お勧めしたい観かたです。

 


デジタル一眼はマニュアル露出に限る(かも)

2013 年の秋に Nikon D600 を購入してから早 4 年。
使う機会があまり無いので、時間が経った割にはまだまだ不慣れな感じだ。

そもそも、こんなに高価なカメラを買うほど、本気で趣味として写真に取り組んでいる訳ではなく、ただ単に FE2 で使ってた古いレンズを使い続けたいという理由だけで、無理して FX 機を買った。だからオートフォーカスのレンズを一本も持っておらず、ニコンの技術者の皆さんが血眼になってチューニングした筈のオートフォーカス機能を一度も使っていない。そういった意味ではニコンの皆さんに申し訳ないとさえ思う(フォーカスエイドはたまに使ってますよ)。

そんな訳でデジタルカメラならではの多彩な機能は全然学んでおらず、未だにフィルムカメラ時代と同じような使い方しかしていないが、こないだ久々にこのクソ重たいカメラを担いで出かけたところ、今さらながら新たな発見があった。それはマニュアル露出を、フィルムカメラ時代とは全く違う方法で使えるという事だった。



デジタルカメラの場合、フィルムカメラと同じように感度(ISO 値)を設定するが、明るさに応じて感度を自動調節できるように設定でき、D600 では ISO 6400 まで対応する(上限設定も可能)。だからマニュアル露出でも、絞りを変えずにシャッタースピードを上げると、露出がちょうどよくなるように感度が自動的に上がってくれる。これは実質的にはマニュアル露出というよりは「絞り&シャッタースピード優先オート」とでも言うべきモードで、状況によっては絞り優先オートよりも楽に使える。

特に望遠レンズで手ブレが心配なとき、そのままシャッタースピードを上げれば、感度が自動的に上がってくれるのでありがたい。しかも自分の場合、レンズが全て古いためにシャッタースピード優先オートが使えないから、なおさら助かる。

感度が上限に達して追従できなくなると、露出計のインジケーターが真ん中からズレるので、そうならないように気をつければいい。もっとも、感度を高くしすぎると画質が荒れるので、手ブレのリスクと画質の悪化のバランスを考える必要はあるが、ファインダーの中にシャッタースピードと感度の数字が表示されるので楽勝。

こういう使い方に気づいたので、当面はマニュアル露出のまま使ってみようと思う。


読書メモ『反脆弱性 – 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』

『反脆弱性 – 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』
著者:ナシーム・ニコラス・タレブ
訳:千葉 敏生、監修:望月 衛
ダイヤモンド社、2017 年

(今のところ上巻を読み終わったところで、まだ読んでる最中なんですがチマチマ書き始めてます。読み進めながら更新します。)

まず、一般に「脆弱性」というと「vulnerability」と訳すことが多いと思いますが、この本の原題は「antifragile」ですのでご注意を。

著者の主張は、「脆い」(fragile)という単語の逆の意味を表す単語は無い、つまり従来そのような概念は考えられてこなかったということです。したがってタイトルの antifragile は著者の造語です。

この本を読むまで、「脆い」(= 外力によって壊れやすい)の反対は「頑丈」「堅牢」「強固」など(= 外力によって壊れにくい)だと思っていました。しかし論理的には、「脆い」の反対は、外力によって、より良い状態になるもののはずだ、と著者は言います。
小包に「Fragile」と書いてあったら「取扱注意」という意味ですが、これの逆は「取扱に注意しなくていい」ではなく、「乱暴に取り扱って下さい」になるはずだということです。
そして、これから我々は「強固」よりも「反脆い」状態を目指すべきだという持論を、様々な観点から説いています。

ちょっと極端なことを言っているような感じもするので、面白くてのめり込む人と、なんだくだらねぇ、といって興味を持たない人と、両極端に分かれる本かも知れません。

主にビジネス向け(特にリスクマネジメント、危機管理、災害対策、BCM、レジリエンス、金融など)の本ではありますが、そっち方面でない方が読んでも面白いのではないかと思います。

 



クラスター爆弾に関するメモ

報道

「国際法禁止クラスター爆弾メーカー、三菱UFJなど金融160社が投資」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/ufj160.php

毎日新聞「クラスター爆弾製造 日本4社が投融資 NGO報告書」
https://mainichi.jp/articles/20170528/k00/00m/040/106000c

朝日新聞「日本の4社、クラスター爆弾製造企業に投資 NGO発表」
http://www.asahi.com/articles/ASK5R55NPK5RUTFK00R.html

NGO のサイト

http://www.stopexplosiveinvestments.org/

PAX による報告書 2017 年版

http://www.stopexplosiveinvestments.org/report

報道状況のまとめ http://www.stopexplosiveinvestments.org/uploads/launch%202017/2017%20Press%20Coverage%20Explosive%20Investments.pdf

 

企業からのメッセージ

三井住友信託銀行「エンゲージメント – グローバルなESG課題解決に向けての参画例」

http://www.smtb.jp/csr/ri/engagement_policy.html

 

解説

「クラスター爆弾」への投融資に関する報道相次ぐ…ESG投資への関心高まるきっかけか

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=12405


Linux で延命措置した Mac のためにマウスも復活

仕事でもプライベートでもパソコン操作はトラックパッドかトラックボールなので、マウスを使わない生活が何年も続いているが、こないだ Linux(Ubuntu)で延命措置を施した古い MacBook Pro (13 inch – Mid 2009)のトラックパッドが敏感すぎて不用意に動くことが多く、扱いにくいので、この際マウスに切り替えた方がいいかなと思い立った。

そういえば何年か前にディーラーでもらった Peugeot RCZ レプリカマウスが家にあった筈だというのを思い出し、自宅で発掘したので、とりあえず持って行って繋いでみた。

繋いで Mac の電源を入れたら、ヘッドランプとテールランプが点灯 (^^) 。そもそも、このマウスは自宅でも一度も使ったことがなかったので、こんなギミックがあることも知らなかった (^^; 。

OS が起動したら既にマウスが使える状態になってたので、あとはコントロールパネルでトラックパッドを機能停止するだけ。右クリックもスクロールホイールも問題なく使えて快適。しかも追加コスト無し (^_^) 。

まだまた使い倒しますよ。



反省会(2017.4.16 大和市吹第39回定期演奏会)

既に三週間ほど前に演奏会のライブ録音 CD は入手済みだったのだが、なかなか落ち着いて全部聴く余裕がなかったので、ようやく反省会など。

今回の演奏会で最大の課題は「乱世の神威 幸村」のソロで、9 小節しかないのに本当に厄介だった。厄介だった原因は恐らく 2 つあって、ひとつはこの作曲者の作品が全体的にあまり好きでないこと。もうひとつは「9 小節」という字余りなフレーズの扱いに困ったこと。安東京平先生にレッスンを受ける機会があったのでいろいろ相談し、ある程度の手がかりをつかんだものの、合奏ではうまくハマらなくて本当に苦労した。



毎回の試行錯誤を経てギリギリ本番に間に合ったという感じだったが、当日のアンケートであのソロを褒めてくれた人が 2 人もいて嬉しかった。この楽団に 20 年もいて、何度かソロをやらせていただいたが(Trb. でも Euph. でも)、アンケートで褒められたのは初めて。

何とかギリギリうまくいった最大の理由は、パートリーダーに相談できたことだと思う。これまでの経験上、自分の演奏の問題を自覚する能力が低いことが分かっていたので、特に今回は合奏でソロを吹いた都度、「今のどうだった?」と毎回聴くことにした。これが良かった。

演奏直後で、まだいろいろ覚えているうちに、フレーズの流れやメリハリのつけ方、テンポや間合いのズレなど、自分では気づかなかった問題や、自分とは違った視点を教えてもらえた。おかげで合奏のたびに着実に良くなったと思うし、良くなった手応えがあった。身近な人からフィードバックをもらえる環境は本当に大事だとあらためて思った。

実は安東先生のレッスンでは、フレーズの歌い方について安東先生と意見が分かれたところが一ヶ所あったのだが、終わってみたら結局、安東先生が言ったとおりの吹き方になってた。こんなところでもプロの凄さをあらためて感じたりもした。

他の曲についてはポイントのみ。

  • 「Summon the Heroes」は何といっても Trp. のソロが見事だった。当日のリハーサルでジワっと涙目になりつつ、自分はこれまで内輪をも感動させる演奏なんて出来なかったよなぁ、などと妙に反省した。
  • 「Music in the Air」は大好きな裏旋律で、練習回数は少なかったものの、自称裏旋律フェチとしては絶対にうまくキメたい曲だった。結果的に、ちょうどいいバランスで絡めたようで良かった。
  • 「Music of the Shperes」は録音を聴いてみて、大変な曲をやっちまったんだなぁと改めて思った。こういう大変な曲で自分が足を引っ張るようなことにならなくて本当に良かった。この曲に関してはそう思うのが精一杯。でも Harmonia だけはもう一回やりたい(と思うくらい好き)。冒頭の Horn のソロは見事。脱帽。あなたには一生かなわない。
  • 今回の演奏会を「Arsenal」で(しかも山口先生の指揮で)締めくくることができて、いろんな意味で良かった。