チューニングのトレーニング方法の例

音楽やっててチューニングに自信がない人は、自分の音が周りと合っているのかが分からないことがあります。そういう人の多くは、おそらく「音程がピッタリ合っている」という状況を経験したことがない可能性があります(自分もかつてそうでした)。

その場合には、まず「音程がピッタリ合っている」というのはどういう状況なのかを、感覚として掴む必要があると思います。とりあえず音が出るタイプのチューナーを 2 台使って(1 台しか無かったら誰かに借りて)、次のような実験をしてみることをお勧めします。



まずチューナーを 2 台並べ、基準の周波数(例えば A=442Hz)を合わせて、両方のチューナーで同じ音を出します。次に、片方のチューナーの音程を、ゆっくり少しずつずらしてみます。すると音の中に少しずつ「ウワンワンワン〜」と唸るような感じが混ざってきて、音が濁ってきます。下の動画を見ていただけると何となく感じがわかるのではないかと思います。

サンプル動画1 <– クリックすると YouTube の動画が表示されます

これは完全五度(例えば Bb と F)や完全四度(Bb と Eb)でも同じです。

サンプル動画2

上のサンプル動画では見た目の分かりやすさのために iPad 2 台でやりましたが、片方を別のタイプのチューナーにしてもできます。

サンプル動画3

(このチューナーでは基準音の周波数を調整して音程を変えるしくみなので、液晶画面に「442」と表示された時に、左のチューナーと音程が一致しています。)

自分自身でチューナーを使ってこのように実験してみて、音程がピッタリ合った時のスッキリ感を体験してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、チューナーが鳴っている音を聞く場合と、自分が演奏している音を聞く場合とでは感覚が少し違いますので、まずチューナーで実験してみて、音程がピッタリ合っている感じをつかめたら、誰か同じパートの人に協力してもらって、これを自分自身で楽器を使って試してみることをお勧めします。Trombone 以外の楽器では、吹きながら音程を変えるのは難しいかも知れないので、一旦音を止めて管を抜くとか入れるとかの作業を繰り返しながら、音がスッキリするところを探し当てて、その時の感覚を覚えるようにするのが良いと思います。


黒い譜面と向き合う。

先週の演奏会は無事に終わり、今日から次回の演奏会に向けての練習が始まりましたが、来ましたよ、黒い譜面が (^_^; 。

こんなのとか。

img_34931

こんなのとか。

img_34932

まあ次回のプログラムを聞いた時から、こういう譜面が来ることは覚悟してました。オケ曲アレンジの Euph. の譜面では避けられない事態です。



先週の演奏会でも、ヴィオラかチェロから来たと思われる細かいパッセージが若干あったんですが、最近はこういうパッセージに対してイマイチ前向きになれなくなってきたことに気づき、本番当日のリハーサルでも思わず、「オレも年取ったな」とか口に出して言ってしまいました。

体力的には全然問題ないんです。むしろ以前に比べて、長く吹いても疲れにくくなりましたし、特に高音域はむしろ若かった時よりも出るようになりました(Euph.、Trb. とも)。しかし意外なところに年齢の影響が出てきたものです。こういうふうにモチベーションが変わることもあるんですね。
これからは年齢にともなうメンタリティの変化とも上手く向き合いながら、少しでも長く音楽を続けていきたいと思います。もちろん黒い譜面も言い訳せずゴリゴリ練習しますよ。