読書メモ『多井熱』(多井隆晴)読了

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、無駄なんじゃないかとも思えるくらい自分の専門分野から遠い世界の本も、たまには読むようにしています。

今回読んだ本はプロ雀士(麻雀プロ)が書いた本ですが、得るものが多かったのでメモしておきます。

『多井熱』(近代麻雀戦術シリーズ)
多井 隆晴 著、竹書房

タイトルは「おおいねつ」と読みます。Amazon kindle で読めます。

著者はプロ雀士として活躍する傍ら、「RMU」(http://www.rmu.jp/)というプロ雀士の団体の代表者を務めておられます。もともとは「日本プロ麻雀連盟」(http://www.ma-jan.or.jp/)の理事だったそうなのですが、事情により別団体として RMU を設立されたとの事で、単に麻雀が強いだけでなく、麻雀業界やプロとしてのあり方などに対して問題意識を強く持ち、かつ発言もされている方です。

この本は「近代麻雀戦術シリーズ」として刊行されていますが、あまり麻雀の戦術とかテクニックの話は書かれておらず、どちらかというとこれからプロ雀士を目指す方々や同業者に対するメッセージが詰め込まれた本で、これからの麻雀業界に対する問題提起や、プロ雀士としての気構え、心がけ、覚悟が綴られています。
(ちなみに「近代麻雀」とは竹書房の麻雀マンガ雑誌です。)

私自身は麻雀をやらない(満貫未満の点数計算ができないので雀荘にも行けない)のですが、プロ雀士としてこうあるべき、という部分は麻雀以外の分野にも通じるところがあるな、と思いながら読み進めました。簡単な例を挙げれば、技術やノウハウだけではなく「見られることを意識しろ」というのは、営業やコンサルタント、講演などにも共通ですし、「課金してもらえる人間になれ」というのも職業を問わず(たとえ会社に勤めていても)求められる考え方なのではないかと思います。

また、著者自身が RMU の代表でありながら、これからは「組織よりも個人の時代」だと説いている部分にも共感しましたし(自分が会社を辞めた身なので当たり前ですが)、「ごまかしの利かない時代になっている」ので技術やノウハウが足りないのがすぐバレて次の仕事が来なくなるというのも、プロの世界ではどの業界でも例外なく当てはまるでしょう。

ちなみにこの本全体を通して私が最も好きなフレーズはこちら。

「後悔しない決断ができた時点で成功しても失敗しても勝ちなんですよ。」

単に雀士だから勝負師だということではなく、様々な経験や苦労、決断をされてきたからこそ言えることだと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団 DULL-COLORED POP の「マクベス」で新たな演劇の楽しみ方を知った

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日が最終日となった DULL-COLORED POP (以下「ダルカラ」と略記)の演劇『マクベス』を、12 月 12 日(初日)、18 日(6 日目)、22 日(最終日)の 3 回にわたって鑑賞しました。同劇団の作品を鑑賞するのは「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」「福島 3 部作・一挙上演」に続いて 3 回目となりましたが、今回はシェイクスピアの古典だったこともあり、私にとって全く新しい演劇体験となりました。

この時期にダルカラが『マクベス』を上演することは、「福島 3 部作・一挙上演」の上演時に配布されたチラシで既に知っていたので、スケジュールは空けてあったのですが、どのような舞台になるかは講演数日前に発表されたビジュアル以外なかったので、とりあえずシェイクスピアの原作を予習して初日に臨みました。

予習にあたって参考にしたのは次の 2 つで、いずれも Amazon Kindle で読めます。
(しかも安西徹雄訳は kindle unlimited で無料 \(^_^)/ )

初日数日前にダルカラの Web サイトをあらためて見ると、今回の台本が松岡和子氏の翻訳に基づいていることが分かったので、こちらも Amazon で購入したが、こちらは kindle になっておらず紙の本で、手元に届いたのが初日当日だったので、これを読むのは間に合わず初日を鑑賞しました。

まず舞台や衣装、音楽などが現代であることに驚きました。マクベスやバンクォーはネクタイしてるし、マクベス夫人は Taylor Swift か何か聴きながらバスタブに浸かって、マクベスからの手紙を iPad で読んでます。原作では伝令から伝えられる情報は iPhone。マクベスが王位についたことをバンクォーは新聞で知ります。

しかし台詞は松岡和子訳『マクベス』のままです。これは後から松岡訳の本を読んで分かりました。90 分に収めるためにあちこち大幅にカットしたり、台詞の順序が入れ替わっていたり、台詞の割り当てを別の人に替えるなどの再構成は行われていますが、台詞の内容はおそらくほとんど変わっていないと思います。400 年以上前に書かれ、初演された劇が、現代社会を舞台にしても成立することに驚きました。演出や俳優の皆さんの演技の賜物だと思いますが、原作で描かれている人間の弱さとか、闇に怯える者の苦悩、権力を手にして変貌する者の恐ろしさなどを、これでもかと見せつけられる印象的な舞台でした。

そして恐らく、今回の公演の妙味のひとつは、たった 6 人で『マクベス』を演じるというキャスティングだったと思います。

演劇にさほど詳しくなく、直前に原作を読んだだけの私でさえ、初日の劇場で配布されたキャスティングを見て、これがいかに大変か容易に想像できました。しかも百花亜希さんに至ってはマクダフ一家を全部ひとりで演じるとか。このキャスティングを見たときには、『福島三部作』で見たようなドタバタ(明らかに着替えが間に合わないことで笑いを誘う)があるのかと思いましたが、『マクベス』においてはそのような笑いはなく、他の方々も含めて見事な早着替えと演技の切り替えでこなしておられました(他の部分での笑いはいろいろありました)。見事としか言いようがありません。

さらに、Web サイト上でも「大胆不敵な翻案上演」と書かれているとおり衝撃的なラストシーンがあり、現政権に対する皮肉も加わって、今しかできないマクベス、シェイクスピアには決して書けないマクベスになっていました。そういう意味でも、演劇の面白さや可能性を示す舞台だったように思います。

このラストシーンについては演出の谷賢一さんが tweet されていますので引用します。

 

また私にとって貴重な体験となったのは、3 回の観劇の間に松岡和子訳『マクベス』を読むことで、より劇に対する理解が深まったことでした。松岡氏による翻訳は 1996 年に松本幸四郎の主演で上演されるために行われたようですが、その際に松岡氏が原文をどのように解釈したか、脚注や訳者あとがきで詳しく説明されています。

特に松岡氏は、マクベスと夫人との距離感がどのように変わったかという部分を丁寧に説明してくださっており、そういう文脈を理解した上で改めて鑑賞した 2 回目では、マクベス夫妻の距離感の変化や、その過程におけるマクベスの態度の変化などが、見事に表現されていることに気付いて感動しました。これは、松岡氏の翻訳を読んでダルカラの舞台を観るという両方があって初めて味わえた感動だったと思います。

演劇に詳しい方々にとっては当たり前なのかもしれませんし、古典ならではなのかもしれませんが、演劇にこういう楽しみ方があるということを知ったのは、とても大きな収穫でした。このような機会を与えてくれた松岡和子氏とダルカラの皆さんには本当に感謝しています。これからも、いろいろな公演に足を伸ばして、多様な演劇を楽しんでいきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

組曲「展覧会の絵」プログラムノート

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が所属しているオーケストラの演奏会でムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」を演奏したときに、この曲のプログラムノートを書かせていただけることになりました。

演奏会は既に無事終了しましたが、原稿が自分のハードディスクの中に眠っているだけなのもどうかと思いますし、もしかしたら何かの間違いで誰かの役に立つこともあるかもしれないので、ここに載せておくことにしました。




皆様に本日お聴きいただく組曲『展覧会の絵』の楽譜が世に出るまでには、作曲者のムソルグスキーをはじめとして、建築家であり画家であったガルトマン、芸術評論家のスターソフ、作曲家のリムスキー・コルサコフとラヴェル、そして指揮者のクーセヴィツキーという 6 人が関与している。もし彼らのうち一人でも欠けていたら、この曲が現代のオーケストラで演奏されることはなかったであろう。

ムソルグスキーは 1870 年ごろにガルトマンと出会い、親交を深めてゆくが、ガルトマンは 1873 年に動脈瘤破裂のため急死してしまう。スターソフはガルトマンが遺した作品を集めて、1874 年 2 月にペテルブルクの芸術アカデミーにてガルトマンの遺作展を開催するが、そこに訪れたムソルグスキーが、かつての盟友ガルトマンの作品を見たときの印象をもとに、ピアノ曲として同年 6 月から 7 月までの間に一気に書き上げたのが、組曲『展覧会の絵』である。自筆譜には「ヴィクトル・ガルトマンとの思い出に」と書かれており、作品はスターソフに献呈されている。

この楽譜はムソルグスキーの生前に世に出ることはなかったが、彼の死後に遺稿の整理にあたったリムスキー・コルサコフがこれを発見し、彼自身が若干の校訂や変更を加えたものが 1886 年に出版された。ところが、この曲が世界各国で広く演奏されるようになったのは、1922 年にラヴェルがオーケストラ用に編曲した後である。この編曲をラヴェルに委嘱したのは、当時パリを拠点として活動していたロシア出身の指揮者クーセヴィツキーであった。

ラヴェルが編曲に着手した当時出版されていたピアノ譜には、リムスキー・コルサコフの手が入っていたため、ムソルグスキーによる自筆譜を入手しようと試みたが実現しなかった。したがって彼はリムスキー・コルサコフ版をもとに編曲せざるを得なかった(ちなみに自筆譜による原典版は 1932 年に出版されている)。その結果としてラヴェル編曲のオーケストラ版には、リムスキー・コルサコフによる校訂や変更の影響が含まれている。

このような経緯を経て成立した曲であるため、リムスキー・コルサコフおよびラヴェルの手によって、原曲になかった表情や色彩が加えられた面があることは否めないが、それでもこの曲がガルトマンに対するムソルグスキーのオマージュであることに変わりはない。

遺作展には約 400 点もの作品が展示されたとの事であるから、訪れたムソルグスキーも多くのインスピレーションを得たと思われ、これを受けて作曲された本作品にも多彩なキャラクターが詰め込まれている。しかしながら組曲全体を通して最も重要なテーマは「死」であろう。作曲のきっかけがガルトマンの死とその遺作展であったからか、組曲のあちこちに「死」を連想させる要素が散見される。

例えば 2 曲目の「古城」におけるアルト・サキソフォンのソロには「con dolore」(悲しみをもって)と指定されているし、4 曲目の「ビドロ」冒頭の伴奏部分はショパンのピアノソナタ第 2 番の第 3 楽章「葬送行進曲」に酷似している。8 曲目の「カタコンブ」の題材となった絵は、ガルトマンがパリにあるカタコンブ(古代ローマ時代の地下墓地)を見学している様子を描いた自画像であるから、最も「死」に直結した曲と言えよう。これに続いてオーボエとコーラングレがプロムナードに基づく悲しげな旋律を奏でる箇所から約 2 分間の部分には、「死者の言葉による死者との対話」という意味のラテン語のタイトルが付けられている。恐らく「カタコンブ」の絵に描かれたガルトマンの姿を見たムソルグスキーが、故人に思いを馳せている場面の描写であろう。木管楽器を中心に思いを巡らせながら、最後はまるでハープに導かれて昇天していくかのようである。

しかしながら終曲となる「キエフの大門」は、盟友の死による悲しみを乗り越え、故人を偲ぶというよりはその偉大さを称えるような、スケールの大きい荘厳な曲となっている。9 曲目の「鶏の足の上の小屋(バーバ・ヤガー)」から続けて演奏され、管楽器とティンパニによる雄大な響きで始まる。途中で木管楽器の弱奏による、ロシア正教会の聖歌を思わせるフレーズを 2 回はさんで、さらにプロムナードの旋律を重ねながら、鐘やシンバルなどの打楽器を伴って壮麗に幕を閉じる。

(参考資料)



このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Pro (Mid 2012) を SSD に換装して延命措置

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の仕事の都合上サブ機があった方が何かと安心だということと、先月で会社を辞めて Windows 環境がなくなったので、BootCamp で Windows を使えるようにしておきたいという理由から、しばらく休眠状態となっていた古い MacBook Pro を SSD に積み替えて延命措置を図ることにしました。

作業前のスペックは下図のとおりです(既に動作がかなりもたつく感じなので OS は High Sierra のまま)。

SSD 換装の方法はこちらのサイトに全て書いてあるので大変助かりました。

MacBook Pro 2012midモデルをSSDに換装したらめちゃくちゃ快適なMacになりました
https://www.useful-time.com/entry/ssd

なお SSD は消費税が上がる前に買っておいた Micron 製の Crucial MX500 です。ヨドバシでたったの 8,980 円 (^_^) 。

PC の開腹作業なんて数年ぶりでしたが、作業はサイトに書いてある手順通り、あっけなく完了し、TimeCapsule からのリストアも全く問題無し。ただし BootCamp パーティションまで TimeCapsule からリストアしてくれる訳ではないので、BootCamp に関してはインストールをやりなおす必要がありました。これまた手順は次のサイトに全部書いてあります。

BootCamp – Mac に Windows10 をインストールしてみた
https://pc-karuma.net/mac-bootcamp-windows-10-install/

既に Windows 10 のインストールも完了し、現在は Windows Update が延々と続いているところです (^_^; 。

まだ環境整備作業中なので、ほとんど使っていませんが、設定作業での操作感はかなり軽い感じです。自分の場合、もともと CPU パワーを食うような重たいアプリは使いませんので、爆速とまでは言わないまでも、実用的な処理速度は期待できそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: Mac

劇団 DULL-COLORED POP の「福島三部作」第三部で感じた、劇場に行くことの価値

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在東京芸術劇場シアターイーストで公演中の、劇団 DULL-COLORED POP 福島三部作の第三部初日を観てきました。

同じ劇団で同じ作家による連作、かつ同じ人の演出でありながら、先日観てきた第二部とは随分異なるテイストの劇になっていました。私はまだ第一部を観ていませんが、恐らく第一部、第二部を観ていない人が第三部だけ観ても十分楽しめると思います。
もちろん第一、二部との繋がりが現れるシーンもあって、分かれば分かったで面白いのですが、割合としてかなり少ないので、前作を知らないと話の成り行きを理解できないという事はないと思います。



「異なるテイスト」というのはどの辺だったかというと、私にとっては第二部と違って、泣ける場面とかは無くてひたすら考えさせられる舞台だったということです。「私にとっては」とわざわざ書いたのは、twitter でいろいろな人の感想を見ると、感動したとか泣いたという方々も結構いらっしゃるからです。もしかして自分は感受性が低いのか?と余計な心配をしたりもしました。

いや、面白くなかったという意味ではないんです。役者さんたちが(たぶん)舞台からほとんど降りず(でも多くの方々は二役やってて)、舞台のセットはほとんど変わらず、劇の流れはほとんど止まらず、しかし明確に次々と場面転換していくという展開は見事という他ありません。
そのような舞台にいる役者さんたちから発せられる言葉は、ひとつひとつが重く、研ぎ澄まされたものでした。余計なお世話だとは思いますが、これらを台詞として語る役者さんたちも苦しく辛かったかもしれません。
舞台で語られていた苦労や風評被害、差別などの問題については、知識・情報として知っていたものも多かったのですが、とても考えさせられる見せ方で突きつけられたと思いました。
これらの言葉を劇場で、生で突きつけられるという経験をできて良かったと思いました。
この経験は今しかできないと思うと、できるだけ多くの方々に劇場に足を運んでほしいと思わずにはいられません。

上演スケジュールや空席情報、チケットの買い方などはこちらが分かりやすいと思います。—> 「DULL-COLORED POP(ダルカラ) 福島三部作 一挙上演 チケットご予約方法など諸々ざっくりまとめ!」(出演者の方のブログです)

第三部は「語られたがる言葉たち」というタイトルですが、誰でも何かしら「語られたがる言葉」を持っていると思います(私も第三部を観て新たな「語られたがる言葉」が出来てしまったから、こんな夜中まで起きてブログ書いてる訳ですが)。そんな言葉を語ることがいかに大事か、どれほど難しく、辛いことかを考えさせられた劇でした。

劇としてはこの第三部で完結しますが、現実の問題はまだ続いています。それを忘れてはいけないと思いますし、忘れさせまいという意図が感じられるエンディングでした。台本の内容と役者さんの語り方の両面からそのような意図を感じました。



このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団 DULL-COLORED POP の「福島三部作」はまだ意外と席が空いてるらしいよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

演劇とはほぼ無縁に 50 年も生きてきた自分が、ふとしたきっかけで今年の 2 月に劇団 DULL-COLORED POP の「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」を観てしまったばっかりに、すっかり演劇にはまってしまった訳ですが、その「くろねこ〜」の時に既に予告されていた同劇団の福島三部作(のうちの第二部)の公演が東京芸術劇場シアターイーストでようやく始まりました。

第一部は既に福島県で昨年上演されたそうなのですが、当然ながら観ていないので、三部作の第二部から観たわけです。スター・ウォーズに例えるといきなり『帝国の逆襲』から観るようなもので、大丈夫かなと思いましたが全く杞憂でした。
なぜなら、この後どうなるかは既に知っているからです。最悪の事故という形で。



まだ第二部しか観ていない状態でこの記事を書いていますが、第二部単体でも十分観る価値があるくらい面白い(というか凄い)舞台でした。第二部で描かれているのは福島県双葉町における、1985 年の町長選挙から 1986 年のチェルノブイリ原発事故の直後くらいまでの間の、もともと原発反対運動のリーダーだった人が原発推進派として町長になった経緯とその後の行動です。

実はこの舞台を観るまで、反対運動のリーダーが推進派として町長になったというのが現実だったことも知らなかったのですが、普通に考えたらあり得ないような変節がなぜ起こったのか、(ここは創作ですが)リアルかつグロテスクに描かれていて、とても見応えがありました。

ネタバレは避けたいので内容に関する説明は控えますが、双葉町をはじめとする地元の方々がどのように原発と向き合ってきたのか、原発の影響で町が(およびそこに住む人々が)どのように変わっていったのか、いろいろな切り口から描かれていて、とても考えさせられました。しかしながらエンターテインメントとしても面白く作られていて、笑いながら考えながら感じ入って泣くという、観る人にとってちょっと忙しい(というか濃い)舞台でした。

三部作全てを観ることで、原発問題を 3 つのタイミング(建設前、建設後に町の財政が潤っているとき、事故後)でそれぞれ考えさせられることになるのだろうと思います。

私は普段あまりこういうのを人にお勧めしたりせず、どちらかというと勝手に感想を書き散らかして、「まあ観たければ観れば?」みたいな態度が多いのですが、これに関しては多くの方々に観ていただきたいと思うので宣伝情報を書きます。

下記リンク先の公式 Web サイトのページをしばらく下の方にスクロールしていくと公演情報の詳細があります。なお「8/23・24・25・26・27・28の通し券が、お蔭様で完売となりました」という記述がありますが、これは第一部から第三部まで同じ席で続けて観ると割引になるというセット販売分が完売になったというだけで、各回ともそれなりに空席はあるようです。

劇団 DULL-COLORED POP 公式 Web サイト『第20回本公演「福島3部作・一挙上演」』

実は上演スケジュールや空席情報、チケットの買い方などはこちらの方が分かりやすいかもしれません。—> 「DULL-COLORED POP(ダルカラ) 福島三部作 一挙上演 チケットご予約方法など諸々ざっくりまとめ!」(出演者の方のブログです)

三部作がどのような作品か、ざっくり知りたい方のための「5 分で分かる!!福島三部作」(これも出演者の方の twitter より)

 

とりあえず自分自身は、この劇が上演される現場に立ち会えたことが嬉しい。

この後の第三部と第一部も観に行く予定です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

安東京平先生に Bydlo のソロを相談しに行ってきたよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

所属オケで「展覧会の絵」の Bydlo のソロを担当することになったので、すっかり私にとって Euphonium 駆け込み寺となっている安東京平先生にレッスンをお願いしてきました。Euphonium 奏者にとっては定番的なソロですが、私にとってはイマイチ掴みどころが無く悶々としていたところ、先生といろいろ相談しながら作りたいイメージの方向が見えてきました。安東先生のレッスンは短時間の中でたくさんの新しい視点を下さるので大変勉強になります。

以下、レッスン直後に近所のミスドで打ち込んだ備忘録です。

ソロのレッスンに入る前に基礎練習

  • 弦楽器で弦が最もよく響いているときのボウイングのイメージを持つ。弦の動きが小さすぎて音が止まるわけでもなく、弦が走りすぎて滑って鳴らないわけでもなく、ちょうどいい速さと強さでボウイングできている感じを味わいながら吹く。
  • 音階を吹くときに一つ一つの音を置きに行くと作為的な感じがするので、音が自然に本来の場所に収まっていく感じを目指す。そのためには考えながら吹くよりも感覚重視にしたほうが良さそう(効果には個人差があります)。

ソロのレッスン

  • まず冒頭の弦楽器の伴奏を吹いてみてからソロを吹く練習をしてみる。八分音符の伴奏の感じをつかんで、それに乗っかってメロディを吹くことで、表拍に自然にウェイトを乗せる。
  • 先生に伴奏パートを吹いてもらってソロを吹いたときに、伴奏より先に行ってしまう場合があることに気づいた。pesante の感じを出すためには絶対に弦の伴奏より先走らないように気をつけたい。できればチェロの右手を見ながら吹きたい。
  • 2 –> 1 のフィンガリングは意外と曲者なので、バルブの切り替えのタイミングと息とビッタリ合わせることを特に意識して狙う。5、6 小節目の Cis –> Gis は Cis で息の流れをしっかり作って Gis で息を抜かないように意識するとうまくいきそう(効果には個人差があります)。
  • 14 〜 17 小節目は伴奏のコードの変わり方を味わいながら、そこに上手く乗っかる(伴奏パートを吹けるように練習しておこう)。
  • 18 〜 20 小節目はソロのメロディとしては終わりなので収まっていく方向ではあるが、曲としては tutti に向かって盛り上がっていくところなので、収めていく感じと盛り上がっていく感じを両立させる必要がある。音量は若干絞りつつ息のエネルギーは抜かないというようなイメージが良さそう(効果には個人差があります)。
  • [42] から弦が tutti でメロディを弾くときのボウイングを観察して真似てみよう。

以下、マニア向け情報

ところで、「展覧会の絵」の CD はいろいろ出てますが、Euphonium 吹きとしては Bydlo のソロを誰が演奏しているか知りたいですよね。CD のパッケージにはそんなことまでいちいち書かれていないので分かりませんが、安東先生がお持ちの CD では次のようになっております(敬称略)。

  • Paavo Jarvi 指揮 NHK 交響楽団(斉藤充) <– Apple Music に有り〼
  • Andrea Battistoni 指揮 東京フィルハーモニー交響楽団(安東京平) <– Apple Music に有り〼
  • 秋山和慶指揮 東京交響楽団(外囿祥一朗) <– Apple Music に見当たらず

ちなみに安東先生が演奏している CD はこちら(安東先生の iPhone スクショより (^_^; )。



このエントリーをはてなブックマークに追加

演劇の演出ってこういうものだったのか!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日観に行った DULL-COLORED POP の舞台「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」は、同じ脚本を 4 人の演出家、4 組のキャストで上演するという形でしたが、観劇デビューの私にとって刺激的な内容だったことに加えて、もともと凝り性なのが災い(?)して、演出が違うとどうなるのか、どうしても知りたくなってしまいました。

谷チームの舞台を観た後に自分の予定を確認して、まず最終日の東谷チームと井上チームの公演を予約。自分が行けそうな百花チームの公演は既に予約受付を終了していましたが、当日でも入れそうな tweet を発見。

これに賭けて行ってみたら予約なしにもかかわらずギリギリで入ることができ、結局 4 チーム全ての舞台を観てしまいました。

最も驚いたのは、「演出でここまで変えていいのか!」という事でした。ネタバレはまずいと思いますので内容に言及するのは避けますが、まず舞台セッティングからして、最も簡素な(というかテーブルと椅子しかない)谷チームから、仕事場の机や家族の写真まで用意されている井上チームまで全部違いました。井上チームに至ってはカメラ(ちゃんと脚本に合っている古いニコン)(正確には Nikomat EL)まで置かれていたので、既に筋書きを知っていた自分としては、これがどんな風に使われるんだろうかと想像しながら開演を待ちました。

幕開けのしかたも全部違うし、台本が一部書き換えられてたのも驚きでした(演劇の世界ではこのくらい普通なのでしょうか)。最後に観た井上チームが最も大胆に台本を書き換えていたように思いました。

また、台本に対する解釈の違いからか、同じ台詞でも演出によって重きをおく場所や間合いが全然違ったりして、毎回新鮮な感じがしました。最初に谷チームの舞台を観て筋書きを全部知っていたので、もはや他のチームの舞台はあまり楽しめないのではないかと心配もしましたが、全くの杞憂で、この先どうなるか知っているのにこの先どうなるか分からないという、不思議なスリルを味わいました。

まあよく考えてみたら、クラシックのオペラとかシェイクスピアのような演劇を観る人達は、筋書きなんか全部知っていてもなお毎回楽しんでいる訳ですから、それと同じだと思えば当然なんですけどね。

さらに、4 チームの舞台をコンプリートした特典として、演出をされた皆さんのサイン入りの台本をいただきました。

全部観終わった後にあらめて台本を読んでみて驚いたのは、台詞以外の指示がとても少ないことでした。例えば台詞と台詞との間にどのくらいの間合いをとるか、その間にどう振る舞うかなど、かなりの部分が演出家と役者に委ねられているんですね。台本にそういう「余白」がたくさんあって、その余白をどう使うのか、演出家と役者とのあいだで議論したり試行錯誤したりしながら、舞台をつくっていったのだろうということが、あらためて分かった気がしました。

そういった意味では音楽においても、楽譜に書かれていること以外に、実はたくさんの余白があるのかもしれません。そういう余白を自分はもっと見つけてうまく使ったほうがいいのではないか、などと考えたりもしました。

それから、最も大胆に台本を書き換えたと思っていた井上チームが、ラストシーンに関しては最も台本に忠実だったというのも驚きでした。これは台本を読まなければ分からなかったことです。

演劇の世界のことなんて全く知らなかったのですが、4 バージョン同時公演という企画のおかげで、演劇の面白さや深さをいろいろな観点から楽しめたように思います。普段から演劇に関して情報収集していたわけでもないのに、このような魅力的な舞台に出会えて本当に幸運でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」観劇

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、この歳になって初めて演劇を観てきました。
たまにしか書かないこのブログの、およそ 50 日ぶりの記事が観劇の感想になったことに自分でも驚いていますが、何かを書かずにはいられない舞台だったということで。

演目は DULL-COLORED POP という劇団による「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」。同じ脚本を 4 人の演出家、4 組のキャストで上演するもので、私が観に行ったのは「谷チーム」による 2 月 20 日(水)19:00 の公演でした。

きっかけは、春名風花さん( @harukazechan )(通称「はるかぜちゃん」)という女優の twitter でした。はるかぜちゃんの twitter は子役だった数年前から(私でも知っているくらい)有名だったのですが、最近またネットで話題になった投稿があり、こんな大変な思いをしてまで演劇に打ち込む人って、一体どんな芝居をするんだろうかと知りたくなっただけです。

つまり(劇団や役者さんには失礼な話かもしれませんが)演劇とはほとんど関係ない好奇心で出かけたのですが、観てみたら本当に面白い舞台でした。開演前はキャストのうち数人がステージ上をプラプラ歩いてたり柔軟体操してたりして、まあクラシックの演奏会で言うところのアメリカン・スタイルみたいな感じだったのですが、(ネタバレを避けるため内容に関する記述は控えますが)開演のアナウンスから切れ目なく劇になだれこんでいき、観ている方もそのままスルスルっと劇中の世界に没入していきました。

劇の内容はタイトルのホンワカしたイメージからは程遠い、笑いと狂気が入り混じった、平凡な人々の(きっと自分の中にもある)闇を暴く物語。「迫真の演技」という表現が陳腐に思えるほど鬼気迫る舞台で、90 分が本当に短く感じました。はるかぜちゃんも、特に怒って叫ぶ場面などは最後列の席で観ていても凄い迫力でしたが、単に勢いにまかせてキレてるだけではなく、ちゃんとメッセージが伝わる凄さがありました。こういう臨場感はやはり生の劇場でないと味わえないでしょう。

劇が終わって我に返ったとき、自分はこんなに真剣に音楽と向き合っているだろうか、このくらい全力で仕事に取り組んでいるだろうか、などと考えさせられもしました。そのくらい密度の高い舞台でした。

自分でも自分の行動が意外すぎて笑ってしまいましたが、終演後にはパンフレットも購入し、いい年こいてサインなんかもらっちゃいましたよ、はるかぜちゃんの。

終わった後に、劇場を出たところで余韻を感じながら Facebook に一言感想など書いていたら、にわかに雨が降りだすという、脚本に通じる見事な自然の演出もあって、とても印象に残る舞台となりました。また近いうちに他の俳優や他の劇団の舞台にも足を運んでみようと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe の「源ノ角ゴシック」フォントいいよね

このエントリーをはてなブックマークに追加

確か 3 年前くらいから自分のマシンに Adobe の「源ノ明朝/角ゴシック」をインストールしています。スッキリしていて読みやすく、かつバランスが良い書体(しかも無償!)なので好きなのですが、仕事でもそれ以外でも、何かしらファイルを作るときは相手に送ることが前提の場合が多いので、普段は結局無難な「MS P 明朝/ゴシック」あたりを使っています。
先日、年賀状を作るときに(ちょっとだけですが)「源ノ角ゴシック」を使ってみました。

せっかく無償公開されているんだし、インストールも簡単(Mac ならコマンド一発でインストールできる(注 1))ので、もっと広まって欲しいなと思います。
ところでこの記事を書こうと思って Adobe のサイトを見たら、最近「源ノ角ゴシック」がアップデートされたそうで、下記のサイトにアップデート内容が説明されていますが、同じ文字に対して日本語、中国語(しかも繁体字、簡体字に加えて香港向けが別になっている)、韓国語でそれぞれ字形を変えているそうで、開発された方々の工夫と努力には本当に頭が下がります。自分は中国語も韓国語も使えないので当面関係ありませんが。


(注 1) Homebrew cask が導入済みであれば;
brew tap caskroom/fonts
brew cask install font-source-han-sans
brew cask install font-source-han-serif
(訂正)コマンド 3 発でした。
Homebrew の導入もこちらで簡単。
https://brew.sh/index_ja.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: Mac

SIM フリーの iPhone を IIJmio で使っている人が海外で現地の SIM を入れるときの注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張で現地の SIM を使いたいのと、いわゆる三大携帯キャリアと契約したくないので SIM フリー iPhone を買って、IIJmio の SIM を入れて使っていますが、現地で SIM を買って入れる際に必ずすべきことがあって、これを忘れていたためにハマりまくったので、備忘のために書いておこうと思います。
(以下、おそらく IIJmio ユーザー以外の方々には関係ない話だと思います。)



IIJmio で iPhone を使う場合、「APN 構成プロファイル」がインストールされているはずです。これは「設定」-「一般」-「プロファイル」の中にあります。これがインストールされている状態で他社の SIM を入れると、電話は繋がるけどインターネットに繋がらないという状態になります。

今回はロンドンで EE という会社の SIM を買いました。説明書には SIM を入れるだけで OK みたいなことが書いてあるだけですが、実際には SIM を入れてからしばらく待つ必要があります。これを知らなかったので SIM を入れても電話すら繋がらなくて焦りました。
しばらくすると EE から SMS が届きます。これが来た時点で電話が使えるようになりました(市内某所に電話をかけて呼び出し音がしたことを確認)。
もし前述のとおり APN 構成プロファイルを削除していたら、おそらくこの時点でインターネットにも繋がったと思いますが、それを忘れていたのでネットに繋がらず、説明書を読み返したり電源を入れ直したりして時間を空費しました。何かの拍子にプロファイルを削除すべきことを思い出し、削除してみたところあっさり解決 (^_^) 。

逆に日本に帰ってきたら、元の SIM に箚し直すだけではなく、当然ながら APN 構成プロファイルを再度インストールする必要があります。したがって海外に行く前に IIJ の Web サイトに行って APN 構成プロファイルが掲載されているページを Safari のブックマークに登録しておくといいと思います。そうすれば帰国後すぐに空港の無料 WiFi でそこに繋いで、簡単にプロファイルをダウンロードできます。

以上、備忘のために書いてみましたが、次に海外に行くときにはここにこんな事を書いたことすら忘れそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加